連盟事業

〒101-0044東京都千代田区鍛冶町2-4-8
℡=03-5294-1371 fax=03-5294-1372
LinkIcon案 内 図LinkIconお 問 合 せ

平成24年度
「助けあい募金」

IMG_0697.JPG日赤本社を訪問し、義援金として寄附

昭和50年以来毎年実施されている、全日本書道連盟主催「助けあい募金」の今年度実施方法が、9月13日開催の第148回理事会で決議された。 この「助けあい募金」は、本連盟維持団体、賛助団体ならびに評議員以上の役員へ

平成24年度の助けあい募金は収益金388万5千円に連盟本会計の昨年度からの繰越金を加算した400万円のうち300万円を、平成25年3月31日、田中節山常務理事・事務局長、飯田善一事務員が日本赤十字社に寄託した。また同日駐日中国大使館を訪れ、何静参事官に100万円を手渡した。 

募金をお願いする方法になっている。今年度も昨年同様の方法で行うことになり、各団体および評議員以上の役員の先生方には協力依頼を同封させていただいた。ご参照いただき、「社会事業への協力奉仕」の精神でぜひご協力をお願いしたい。
 この募金の収益金は例年同様、必要経費を差し引いた全額を日本赤十字社ならびに
駐日中国大使館を訪ねて寄託する。ご協力くださった方のご芳名は、決算報告とともに会報誌上でご紹介させていただく。 お問い合わせは事務局まで

全日本書道連盟主催 「助けあい募金」 の実績

本連盟では昭和50年以来「助けあい募金」を実施してきた。 当初より「助けあい募金」は、数万円の募金協力1口に対し、揮毫作家(連盟顧問・理事等役員から委嘱)の色紙作品1点を頒布する方法で実施されてきた。 平成14年度からは、上記のとおり方法が一新され、作品を揮毫することによって「助けあい募金」協力されてきた立場の方へ募金協力をお願いする形に変更し、実施している。

 この「助けあい募金」は、平成10年度以来10年連続で国から厚生労働大臣感謝状が贈られていることでも分かるとおり、関係団体より非常に高い評価を受けているものである。本連盟の主要な事業の一つでもあるので、団体各位ならびに役員先生方には何卒ご協力をお願いしたい。 なお平成24年度までの寄託金総額は、1億3213万120円となった。各関係団体に寄託し、災害救済や復興はじめ、諸事業に役立てていただいてい
る。

10月末発行予定の本連盟会報誌(第139号)に助けあい募金の依頼状と郵便振替用紙を同封しておりますので、ご協力お願い申し上げます。